MENU
senior_title

シニア犬・シニア猫と治療について

シニアだから考えたいこと

たくさんの時間を一緒に過ごしてきたわんちゃん・ねこちゃんもいつかは年を取ってしまうものです。
当院に通っているわんちゃんねこちゃんも20歳を優に超える子たちも多いです。
人と同じく、動物も高齢化が進んでおり『認知症』『寝たきり』『関節痛』等の症状があらわれることが多くなってきました。
また、『フード』や『トイレの問題』から『最期をどう迎えさせてあげるのが良いのか…』など悩みは多岐にわたります。

当院ではそんな老犬・老猫をお飼いの飼い主様のお悩みを一緒に考えていきたいと考えております。

些細なお悩みでも構いません。たくさんお話を聞かせてください。
好きな物や嫌いな事、若い頃にしたやんちゃなエピソードや年を取ってから始まった癖の強いおもしろ行動など…。
雑談をしていく中から生活スタイルをつかみ、飼い主様と動物たちがより良い毎日を送れるようにお手伝いいたします。

当院でのサービスについて

診察は無理をしない範囲で

関節に痛みがある子や、体力がない子も多いシニア世代。

そのため、当院では無理に血液検査やレントゲン検査などは行いません。
緊急性のある時はその限りではないですが、飼い主様の要望と症状を考慮した上で必要な検査のみを行います。

 

検査結果に関しましても、分かりやすい説明を心がけております。
難しい専門用語はなるべく使用いたしません。
分からないことや疑問点はどんどん質問してください!

大切な家族の病気や治療方針についてしっかり理解して頂き、ご納得いただいた上で、信頼とともに治療を任せて頂きたいと考えております。

入院は最小限

入院しなければならない症状の場合、お見舞いにいらしていただく事は大歓迎です!
もし、いらっしゃることができない場合でもお電話で様子の報告や治療内容を説明させて頂いております。

入院日数としては3日ほどでお返しすることが多いです。その子の様子にもよりますが、安定してきているようなら無理に入院を継続させることはありません。
一番リラックスするお家に帰ることで症状が劇的によくなることも多いのです。
私たちはお薬やお注射で補助してあげることで、飼い主様もわんちゃんねこちゃんもリラックスしながら精神的に無理なく病気と付き合えると考えております。

その子に合わせたわかりやすいお薬処方

ワンちゃんネコちゃんが飲みやすく、飼い主様が投薬しやすいようにお薬を処方しております。
粉末、錠剤、朝夕いつ飲ませればいいのか等々・・・口頭での説明・薬袋への記入も丁寧に行っております!
今まで投薬にお困りの方、細かいご要望のある方は、ぜひお気軽にご相談ください!

近くのコインパーキングのご精算は当院で行います☆

駅近の当院ですが、車でお越しの患者様にも多くご来院いただいているため、
当院専用の駐車場が飛田給郵便局さん前に1台分ございます!
また、駅前のコインパーキングにお止めの際は、お帰り時スタッフにお声かけ頂ければご精算に行かせて頂きます!

ご来院時について

リードの装着・キャリーバックに入れてご来院ください。
わんちゃん同士でも仲良くなれない場合がございます。
待合室でのノーリード状態は接触事故につながる恐れもありますので
ご遠慮ください。
仲良しのお友達がいる場合は元気に遊んでいただいてもかまいませんよ!

ねこちゃんの場合…

キャリーバックや大き目のトートバックに入れてご来院ください。
その時、洗濯ネットに入れてからバックに入れて頂きますと逃走防止にもなり安全です。
少し窮屈そうに見えるかもしれませんが、その方がねこちゃんも安心しますのでお勧めですよ!

※写真をクリックで大きな画像をご覧になれます。

ねこちゃんも待合室でバックやネットから出すことはお控えください。逃走の危険性があります。

皆さんでマナーを守って、快適に待合室でお待ちください!すぐにスタッフがおうかがいします!

病院って具合が悪くならないと行きづらいと思っている方も多いと思いますが、お散歩途中に遊びに来て頂いたり飼い主様だけお話にいらっしゃって頂くのも大歓迎です!
みなさまに寄り添った動物病院になれればと思います。

Copyright ©2018 タビー動物病院 All Rights Reserved.